法要・香典返し

法要・香典返し

おすすめの商品

弔辞・法要のお返し

亡くなった方が生前にお世話なった方々への感謝の気持ちを伝えます。
不幸が続かないことと、先様に不幸が及ばないようにと願いを込めて後に残らない日用品や食料品を贈られる方が多いです。

香典返し

仏式は七七日(四十九日)または五七日(三十五日)が忌明けにあたります。
最近ではその前後に忌明けの法要を行い、喪主の挨拶状と共に、香典返しをすることが多いです。

神式

三十日祭または五十日祭が忌明けにあたるため、仏式と同じように挨拶状と一緒にお返しをします。

キリスト教

お返しの時期についての決まりは特にありません。
しかし、一般的には一ヶ月後の招天記念日の後、挨拶状と一緒に故人を記念する品物を贈る事が多いようです。香典返しの目安としては「半返し」ということで、いただいた御香志の半額程度が一般的だといわれています。